Mt Difficulty Ascent Extreme Marathon – マウント・ディフィカルティ・アセント

Posted Leave a comment

DCIM101GOPROオセアニア・スカイランニング選手権第5戦、マウント・ディフィカルティ・アセント(Mount Difficulty Ascent)に出場してきました。

クイーンズタウンから車で約45分の小さな町、クロムウェル(Cromwell)近郊にあるマウント・ディフィカルティ(Mount Difficulty:標高1285m)を舞台にした距離44km、高低差3200mのスカイランニングのレースです。2016年は第3回大会、フルマラソン参加者は約50人でした。

トレイルランニングのレースには、ウルトラランニング、スカイランニング、クロスカントリーなどの種目があります。このうち、標高2000m以上または標高差1300m以上、登攀グレードⅡ、40%未満の斜度にコース設定されたレースをスカイランニングレースと呼んでいます。2003年からワールドシリーズが開催され、日本では2006年に「OSJおんたけスカイレース」が初開催されました。

(more…)

Air NZ Hawke’s Bay International Marathon – ホークスベイ国際マラソン

Posted Leave a comment

DCIM101GOPRO5月14日(土)、北島東海岸のホークスベイ地方で初開催されたニュージーランド航空ホークスベイ国際マラソン大会に参加してきました。今回は、サイクリングロード、ワイナリー、果樹園、オリーブ畑の中を走り抜ける高低差のないコース。初めてのオンロード・マラソン大会、一番苦手な平坦なコースをどうやって攻略するのか、ぶっつけ本番で走ってみました。

今回のスタート地点はネイピア中心部にあるマリンパレード。前夜のうちに低気圧が通過して、当日はフェーン現象のため快晴に恵まれました。

最初の10kmは住宅街を走り抜けます。まだ日が昇りきる前に牧草地の中の舗装道路を走っていきます。

そして、河原の土手の上のサイクリングコースへ。開放的な景色が最高です。「一歩一歩進めばゴール」「痛みは一瞬、最後に満足が待っている」というような看板がところどころに立ってます。「大きく深呼吸して果樹園の匂いをかいで」という看板が肥料工場の前に立ってたのにはちょっと笑いました。隣に走ってた人も「うんちの匂いしかしないけど」って言って、周りの人みんな大笑い。このほのぼのさ、すごくNZらしい。
(more…)

Routeburn Classic 2016 – ルートバーン・クラシック

Posted Leave a comment

I have joined the Routeburn Classic (33.3km mountain running race) since April 2008. My personal record is 4:10:47 in 2013, while trampers take 2 nights / 3 days to complete the whole track. This years’ event was postponed to next day due to bad weather, so only 233 runners joined the event instead 350 athletes registered initially. I suffered stomach ache on the last stretch but got 4:13:11, the second-best time for me. It is pretty good 🙂

ルートバーントラックはニュージーランドの南アルプス山脈にある自然溢れる美しい山岳展望のトレッキングコース。ニュージーランドで特に人気の高いトレッキングコースとして知られています。

この32.8kmのルートバーントラックを駆け抜けるトレイルランニング大会が「ルートバーン・クラシック(Routeburn Classic)」。毎年4月下旬の土曜日に開催される大会に、今年も参加しました。2009年4月から数えて7回目です。

(more…)

Motatapu Off-road MTB Race 2016 – モタタプ

Posted Leave a comment

RIVR_1229_AThe biggest off-road race event around Queenstown is Motatapu Mountain Bike Race (47km) and Motatapu Off Road Marathon (42.195km) in early March. I paticipated in the marathon in 2009 and 2010, and MTB race in 2016. The time 3:05:06 (491th/1700 competitors) in 2016 is not too bad. Love the river crossings at the end!

ニュージーランド南島で最大のオフロードイベントと言えば、毎年3月上旬に行われるMotatapu Mountain Bike Race (47km) とMotatapu Off Road Marathon (42.195km)です。普段は入ることができないワナカとアロータウンの間に広がる広大なモタタプ高原牧場を横断するレースには毎年3500人以上が出場します。

レースはMTBの47km、マラソン42.195km、短距離のマイナーズラン15km、トライアスロン、ウルトラ山岳レースが今年は3月5日(土)に開催されました。今回は47kmのマウンテンバイクレース「モタタプ(Motatapu)」に参戦し、3時間5分6秒(1700人中491位)でした。あと10分ほど速ければ、2017年はエリート枠に出場できたかもしれません。

(more…)

Shotover Moonlight Marathon 2016 – ショットオーバー・ムーンライト・マラソン

Posted Leave a comment

The hardest marathon I have ever had was Shotover Moonlight Mountain Marathon (Apporox 44km) in February 2016. The course goes along Queenstown’s beautiful backyard – Shotover and Moonlight Stations. So we run daytime. Total of 2500m ascent and descent almost made me cry. My result, 7:14:49 (50th out of 133 competitors), needs more improvement in the future.

2月20日(土)にクイーンズタウン近郊のベンローモンド高原牧場で開催された、ニュージーランドで最も過酷なマラソンと言われるショットオーバー・ムーンライト・マラソン(Shotover Moonlight Marathon)を7時間14分49秒(170人中50位、39歳以下のカテゴリー53人中25位)で完走しました。道無き山の中、高低差2500mを走る完全なオフロードマラソン。予想していたより大変でした。。。

(more…)

MLT Moonshine Trail MTB Race 2016 – ムーンシャイン・トレイル

Posted Leave a comment

Moonshine2016-stream xing3月上旬に控えたモタタプMTBレースの前哨戦、MLT Moonshine Trail MTB Race(ムーンシャイン・トレイル)に参戦してきました。

早朝クイーンズタウンを出発し、ゴアという町まで車で約2時間のドライブです。ゴアの町から10kmほど離れたドラモア公園というところが会場です。MTBレースは30km、39km、42kmの三種類、他にはトレイルランニング大会も同時開催されました。今回は、次週のムーンライトマラソンのことも考え、39kmを選びましたが、正解でした。

(more…)

The Catchment Analysis Dictionary – 流域学事典

Posted Leave a comment

Yes. I have got some academic articles from my previous work – forestry and erosion control. Most of them are in Japanese but some are written in English. Ryuiki-gaku-jiten (The Catchment Analysis Dictionary): Co-auther (2006) Edited by Proffeser Tohru Araya and Assosiate Proffesor Mikio Kuroki. Published by Hokkaido University Press. Only available in Japanese.

2006年には河川流域の土砂移動に関する専門書籍ですが、流域学事典 (2006:共著、新谷融・黒木幹男編著)を北海道大学図書刊行会から共著で出版しています。売れ行きが好調で第二版が増刷されたとの話を聞きました。