新型コロナウイルスへのNZ厚生省の対応

2020年1月に始まった新型コロナウイルス渦に対するNZ厚生省(Ministry of Health)の対応を時系列でまとめました。この数か月はいろいろなことが起こり、何がいつ、どのような順番で発生したのか把握するのがとても難しくなっています。特に、日本語の情報は皆無です。

そこでポスト新型コロナウイルス渦の対応が出てきた今を区切りとして、この投稿ではNZ厚生省の対応についてまとめ、次の投稿ではNZ政府とアーダーン内閣がどのような施策を取り、NZ人の経済と生活がどのように影響を受けたのかをまとめます。



この記事を書いている2020年4月11日までに起こった事実だけを記載するように務めています。忘れる前に自分のためにまとめたものなので、間違いがあるかもしれません。出典(→から参考文献にリンクで飛べるようになっています)はきちんと調べていますが、もし、利用される場合は自己責任でお願いします。シェアしても構いませんが、文章の所有権は破棄していません。論文などで利用される場合は所定の文献参考書式を取ってください。

2020年
1月12日(日)
– 2019年12月31日に報告された疾病について、世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスが原因と特定した。
1月28日(火)
– 厚生省が全国健康連絡センター(NHCC: National Health Cordination Centre)を設置
1月30日(木)
– 新型コロナウイルスを1956年健康法(Health Act 1956)における感染症に指定

2月3日(月)
– 中国本土から入国または経由する外国人旅行者の入国を禁止。48時間毎に更新するか判断がとられる。NZ国民と永住者はこの処置から除外。中国滞在後14日以上他の国に滞在していた外国人はこの処置を免除。
2月4日(火)
– 横浜港に入港したクルーズ船ダイヤモンドプリンセス号が日本政府により検疫を受ける 。11人のNZ人が乗船しており 、20日までに4人の感染が判明する。
2月5日(水)
– NZ政府によるNZ航空チャーター機が193名を武漢からオークランドへ移送 。乗客はファンガパラロア陸軍基地で14日間留め置かれ、19日に解放された
2月7日(金)
– 厚生省が新型コロナウイルス専用のホットライン(0800 358 5453)を開設
2月28日(金)
– 26日にインドネシア・バリ島から帰国した60歳代女性が感染検査で陽性になり、オークランド市病院に収容。NZは世界で48番目に新型コロナウイルスが確認された国になる。
– 3月14日までは新型コロナウイルス検査は海外からの帰国者とその濃厚接触者に限られて行われた
2月28日(金)
– 今までの中国からの外国人入国禁止に加え、イランの外国人旅行者を入国禁止

3月2日(月)
– イタリア北部と韓国からの外国人入国者に入国後14日間の自己隔離要請が始まる
3月4日(水)
– 2月25日にイタリア北部からシンガポール経由で帰国した30歳代女性が2人目の感染者になる 。パートナーも同様の症状を示し、6日に4人目の感染者に確定
3月5日(木)
– 2月23日にイランから帰国した40歳代の男性(3人目の感染者)とその家族の感染が確認され、NZ国内での感染の疑いも初めて報告される
3月6日(金)
– サンフランシスコとメキシコを往復したクルーズ船グランドプリンセス号の乗客8名(既に帰国)の濃厚接触の可能性が報告され 、1名が感染疑い
3月14日(土)
– アメリカから帰国した60歳代男性が6人目の感染者になり、自己隔離を行う
– 新型コロナウイルス検査の基準が緩和され、症状と海外渡航歴がある、症状があり海外渡航歴や陽性反応がある人と接触がある、医療従事者で肺炎の症状がある、ICUに収容された呼吸器疾患のある患者の4項目に当てはまる人が検査を受けられるようになる(4月3日まで)
3月15日(日)
– オーストラリアからウェリントンに入国した男性と、テレビ番組撮影でドーハ経由クライストチャーチに入国したデンマーク人女優がクイーンズタウンで感染が判明する
3月16日(月)
– 入国者の14日間自己隔離が要請される
3月17日(火)
– アメリカから帰国したウェリントンの男性2人と、ドイツから帰国したダニーデンの男性の感染が確認される 。ダニーデンの男性の息子も感染し、通学するローガンパーク高校が閉校になる
3月18日(水)
– 政府の新型コロナウイルス対策ホームページ(www.covid19.govt.nz)が立ち上げられる。
– コミュニティ検査センターの開設が始まり、今まで厚生省のホットラインが対応していた電話による検査相談をコミュニティ検査センターに移転する 。4月8日までに全国で120箇所の検査センターが稼働
3月19日(木)
– オークランド、タラナキ、ダニーデン、クイーンズタウン、ノースランド地方、ロトルアで感染者が見つかる
– 医療関係の派遣会社メッドワールドが、退職したり、パートタイムの医療関係者を医療関係部署に派遣する事業を行うことを発表
深夜:NZ国民、永住者とその家族以外の全外国人の入国を禁止
3月20日(金)
– オークランド、ワイカト地方、ウェリントン、カンタベリー地方、ホークスベイ地方で感染者が見つかる。全ての感染者に海外渡航履歴あり。
– シドニーを3月8日に出航し、NZの各都市を巡った後、18日にシドニーに帰港したクルーズ船ルービープリンセスから4名の感染者が見つかり、このクルーズ船の乗客と濃厚接触者は厚生省に連絡するよう要請がされる。
3月21日(土)
– さらに感染者が見つかるが、海外渡航履歴とは関連しない事例が2件見つかり、厚生省が調査を進める
正午:ジャシンダ・アーダーン首相が1982年のマルドゥーン首相以来(オイルショックに伴うインフレーション抑制の経済政策導入宣言)の首相官邸からのテレビ演説を行い、全国的な警報レベルの導入を宣言し、同時に全国での警報レベル2の開始を宣言する
3月22日(日)
– 感染者の数は増え、うち2件が3月9日から13日にかけてクイーンズタウンで開催された世界ヘアフォード牛国際会議の関連者であった
3月23日(月)
– 感染者が100人を越える
午後1時40分にアーダーン首相が警報レベル3を宣言し、2日後にレベル4に警報レベルを上げて最低でも四週間続ける予告を行う
3月24日(火)
– 900件/日の検査が行われ、この日から感染疑いも感染者の数に含まれるようになる。オークランド地方とワイララパ地方での市中感染が疑われる事例が出る
3月25日(水)
– 感染者が200人を越える
午後12時21分に危機管理省ペーニ・ヘナレ大臣によって緊急事態宣言が出され、7日ごとに更新
– 午後11時59分に警報レベル4に移行。
3月29日(日)
– 感染者が500人を越え、うち56人が回復。ウェストコースト地方に住む70歳代女性がNZにおける最初の新型コロナウイルスが原因での死亡例になる。
3月30日(月)
– 12名が入院して2名がICUに収容されていること、クラスター感染→が10件あることが報告される。感染例のうち57%が海外渡航者、27%が海外渡航者との濃厚接触、2%が市中感染と報告される。

4月1日(水)
– アーダーン首相が20歳代の感染者が一番多いことに触れ、この年代に法律を遵守するように呼びかけた
4月3日(金)
– 過去7日間で平均約2000件/日のPCR検査が実施され、4月2日は3446件の検査が行われ、1日あたり5400件の検査を行える能力がある。全国10箇所のクラスター感染が報告され 、オークランドのマリスト高校がこの時点で最大の感染者数。3月15日には5000人/日を越えていた帰国者も約300人/日まで減少している。
– 新型コロナウイルス検査対象が緩和され、呼吸器疾患があり、咳、喉の痛み、呼吸困難、鼻炎、嗅覚異常のうちどれかの症状がある人が検査を受けられるようになる。これに合わせて、検査態勢の拡充が急ピッチで行われる。
4月5日(日)
– 感染者数が1000人を越える。15人が入院、うち3人がICUに収容されている。クラスター感染が12箇所に増える。人種別の感染者数も発表され、74%が白人、8.3%がアジア人、7.6%がマオリ人、3.3%が太平洋諸国出身者。
4月6日(月)
– 新規感染者数が2日連続で減少に転じる。
4月7日(火)
– 新規感染者よりも回復者の数が増加に転じる。
4月9日(木)
– アーダーン首相定例記者会見で新規感染者数は減少傾向だが、警報レベル4をレベル3に下げる判断は四週間のロックダウンが終わる22日の2日前、4月20日に行うとの発表がある
– 外国から帰国したNZ人に対して、政府の予算(今後変更の可能性はあり)で強制的に隔離される処置が取られるようになる。
4月10日(金・祝)
– クライストチャーチの90歳代女性が2人目の死亡が確認。過去7日間で平均約3700件/日のPCR検査が実施され、4月9日は4520件の検査が行われている。
4月11日(土)
– クライストチャーチの70歳代男性とウェリントンの80歳代男性の死亡が確認。全国で13箇所のクラスター感染→が確認されており、マタマタのセントパトリックデーパーティ、ブラフのウェディング、オークランドのマリスト高校が大きなケース。

次の投稿ではNZ政府とアーダーン内閣がどのような施策を取り、NZ人の経済と生活がどのように影響を受けたのかを時系列でまとめます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.